Java Basic Swing Level 2〜オブジェクト指向2〜

イントロダクション

前回は、ちょこっとだけSwingの概要に触れました。

そして、コードは書いていないのでちょっと物足りない感じがしました。

今回はコード+文章で行きます。

Introduction

Last time. I wrote about Swing. But it is little bit Swing(笑).

So why I will write a Swing with Java Code and Statement.

Let’s enjoy Java with me.

Swingの基本構成

前回記載した様に土台がありその上にコンポーネントを配置します。

JFrame, JDialog..etc -> 土台

Jlabel, JPanel, JTextField…etc->コンポーネント

// 土台クラス
JFrame frame = new JFrame("FirstSwing");
// 土台のコンポーネントを載せる部分(位置などは後で指定する)
// コンテナーと呼びます
Container con = frame.getContentPane();
//コンテナの大記載をしています
con.setSize(300, 300);
// コンテナの上にラベルを配置します
con.add(new JLabel("Hello Swing"));
// 土台の上に乗せたものをおきます
frame.setContentPane(con);
// お約束ごとで閉じる時にこのクラスの起動を終了する設定など。。。
frame.setDefaultCloseOperation(JFrame.EXIT_ON_CLOSE);
frame.pack();
// 画面を表示する設定→これをFALSEにすると画面が非表示になる
frame.setVisible(true);

ソースはここからダウンロードできます。

About Swing Structure

Last time I wrote. Swing has base and we put on a component on this base.

JFrame -> base

Jlabel, JPanel, JTextField…etc-> Component

 // Class of Base
JFrame frame = new JFrame("FirstSwing");
// A part of putting component(set after position etc...)
// container for put on components.
Container con = frame.getContentPane();
//set size to container
con.setSize(300, 300);
// put on Label on this container
con.add(new JLabel("Hello Swing"));
// set on container on frame class
frame.setContentPane(con);
// basically setting for JFrame
frame.setDefaultCloseOperation(JFrame.EXIT_ON_CLOSE);
frame.pack();
// set visible(true) -> view a JFrmae
frame.setVisible(true);

you can down load this java all source code from GIT.


関連ページ一覧

<インターフェース>

<クラス>

<サイトマップ>

コメントを残す