Java Basic Booleanなどの意味 〜Step1_2_2〜



イントロダクション

プリミティブ型の変数Booleanの扱い方について記載します。

Boolean

真偽値で、条件分岐を行うのに便利

// sample
int a = 1;
int b = 2;
boolean isSame = a == b;
if (isSame) {
   System.out.println(a + “ and “ + b + “ is same”);
}

プログラム引数

Javaプログラムを起動するときに渡す値のこと

public static void main(String[] args) {
   System.out.println(“プログラム引数は” + args[0] + “です”);
}

上のコードはプログラム引数を渡さないと落ちます!

Eclipseで実行するときは以下のような画面で
「引数」「Arguments」のタブより
「プログラム引数」と「VM引数」とあるので
プログラム引数の部分に入力する

VM引数

システムプロパティなどに使う、Java Vertual Machine(JVM)に渡す引数
「-D引数」という形で渡す※全てではない

コードの書き方

【条件分岐の書き方】

if ( 条件式 ) {
   処理
} else if( 条件その2) {
    処理2
} else {
    上記の条件以外のケースの処理
} 

【Boolean(真偽値)】

boolean yes = true;
boolean no = false;
boolean result = yes & no; // falseになる AND演算
result = yes | no;         // trueになる OR演算
result = yes ^ no;         // trueになる XOT演算
result = ~yes;             // falseになる NOT演算

【標準入力】

public static void main(String[] args) {
   byte[] input = new byte[5]; // 5文字までの入力分
   System.in.read(input);
   System.out.println(input); // コンソール出力
}

【プログラム引数の使い方】

public static void main(String[] args) {
   // プログラム引数はスペースで区切ると複数個入力できる
   System.out.println("プログラム引数: " + args[0]);
}

【標準出力・入力のメソッドについて】
「System.out.println("文字列");」とコードを記載すると思いますが
Systemクラスのoutフィールドに定義されている「printlnメソッド」を
いつも使用しています。

JavaDocAPIを見るとそのように書いてあります。
Javaに関してはこのJavaDocを読んで理解できるようになれば
Javaの基本はマスターしたと言って過言はありません。







カテゴリーJavaプログラム基礎

コメントを残す