Java Basic try catch文 〜Step1_3_3〜

try catch文

入出力や様々なところでエラーハンドルを
行うために使用します。

実際には、どんな例外も受け取るExceptionクラスを使用しても良いのですが、個別に例外をキャッチするとエラーハンドルがやりやすいと思います。

try{処理}catch(例外の種類){エラー処理}のようにcatchの部分にキャッツする例外を記述します。

見やすくするとこんな感じ

スクリーンショット 2018-10-21 18.44.41.png

サンプルコードはこちら

例1: 標準入力を受け取るのに例外が投げられる可能性がある時

// try部分に例が発生するメソッド処理を記載するtry {

   System.in.read(b);

} catch(IOException e) {

   // 例外が起きた時にはキャッチ文ところで処理

   e.printStackTrace();

}

キャッチする例外を分けたい場合は
対応する例外クラスがJavaAPIにあるのでそれをキャッチするように
します。
例2: 例外を別々に受け取る

// 5バイト(5文字)分
byte[] b = new byte[5];

try {

   // 入出力の例外を投げる

   System.in.read(b);

  // 文字列を受け取る

  String result = new String(b);

  // 文字列に'a'が見つからない場合

 if (result.indexOf("a") == -1) {

     // 例外を投げる

    throw new Exception("入力違反です");
  }

} catch(IOException ie) {

   // 初めに標準入力の例外を受け取る様にする

   ie.printStackTrace();

} catch(Exception e) {

   // 自分で投げる例外をキャッチ
 
   e.printStackTrace();

}

ちなみに例外を扱う方法は他にもあって
メソッドで「例外をなげますよ」と指定する方法があります。

// Exceptionを投げる可能性があるメソッドを示す

public void testException() throws Exception {

  // 何かの処理

}

この時にはtry catch文は記載する必要がありませんが
このメソッドを呼び出す側がtry catchする必要があります。

そして、以下の様な場合はmainメソッドで例外を検知できません。

public static void main(String[] args) {

   testPrint();

}


/**

 * メインメソッドから直接(クラスをnew しないで)呼び出す時

 * はメソッドの修飾子に「static」をつける

 */

public static void testPrint() {

   try {

      throw new Exception("必ず例外を投げます");

   } catch(Exception e) {

     e.printStackTrace();

   }

}

呼び出し元に例外を検知させたくない場合に
上記の様な書き方を行います。

関連ページ

  1. 標準入力(コンソールからの入力)<System.inクラスについて>
  2. サンプル実装〜コンソールゲーム〜
  3. Java Basic インターフェース・抽象クラスの作り方
  4. Java Basic クラスとは〜Step2_1〜