RPi Install Git 〜ラズパイにGitのインストール〜

イントロダクション

Gitはローカルリポジトリとリモートリポジトリを使用します。

概要としては以下の様になります。「リポジトリ」の意味は作成してみればわかります。(笑)

1: ローカルリポジトリを作成する

2: リモートリポジトリからクローンする

3: ダウンロードできたことを確認する

手順:参考サイト

1: Gitのローカルリポジトリを作る

適当なディレクトリ(フォルダ)を作成します。下はコマンド入力の例です。

「myLocalRepository」は自分で作成するローカルリポジトリになります。

$mkdir ./myLocalRepository
$cd ./myLocalRepository
$git init

実行後に以下の様な文言が出ます。

Initialized empty Git repository in /XXX/myLocalRepository/.git

早い話が「.git」ファイルが作成されます。

Gitからリポジトリをダウンロード(クローン)する

git clone https://github.com/ZenryokuService/rpictl.git

上のコマンドはコピペで自分の作成しているリポジトリをダウンロード(クローン)できます。

そしてJAVA_HOMEにJDKを指定します。

以下のコマンドで「bashrc」or「bash_profile」ファイルを修正します。

#パターン1
nano ~/bashrc
#パターン2
nano ~/bash_profile

開いたら一番下に以下の様なスクリプトを追加します。(書くだけです)

JAVA_HOME=/usr/local/jdk1.8.0_181
PATH=$PATH:$JAVA_HOME/bin:M2_HOME/bin

作成したら以下のコマンドでbashrc(bash_profile)をリロードします。

#パターン1
source ~/.bashrc
#パターン2
source ~/.bash_profile

余談

せっかくクローンしてきたのでMavenビルドをかけてみます。

参考にしたサイトはこちらです。

ぶっちゃけてコピって適当な場所を修正しただけです。

※赤い部分が修正した部分です。

<!-- 実行可能jarファイル用のプラグイン -->
<plugin>
    <groupId>org.apache.maven.plugins</groupId>
    <artifactId>maven-assembly-plugin</artifactId>
    <version>3.0.0</version>
    <configuration>
        <finalName>test</finalName>
        <descriptorRefs>
            <!-- 依存するリソースをすべてjarに同梱する -->
            <descriptorRef>jar-with-dependencies</descriptorRef>
        </descriptorRefs>
        <archive>
            <manifest>
                <mainClass>main.Main</mainClass>
            </manifest>
        </archive>
    </configuration>
    <executions>
        <execution>
            <!-- idタグは任意の文字列であれば何でもよい -->
            <id>make-assembly</id>
            <phase>package</phase>
            <goals>
                <goal>single</goal>
            </goals>
        </execution>
    </executions>
</plugin>

これをGitにコミット(PUSH)してからラズパイで「mvn install」で必要なファイルのインストールおよびビルドをかけます。

targetディレクトリ(フォルダ)にJARファイルが出力されているので以下のコマンドで実行します。

java -jar XXXX.jar

実行結果はまた後日!








コメントを残す