Eclipse アプリ作成 Lv1〜家計簿を作る準備〜

イントロダクション

今までLWJGLを学んできました。これはOpenGLとOpenAL(オーディオ関連ライブラリ)を含んだフレームワークです。本当はまだまだ続きがあります(chapter7/chapter28)

駄菓子菓子!Matrix(行列)が出てきたあたりから解らなくなってきたので、今一度理解するためにアプリを作って理解しようというわけです。

  1.  Chapter1[外枠の表示のみ]
  2. Chapter2-1〜クラスの構成〜
  3. Chapter2-2〜インターフェースの使い方と詳細〜
  4. Chapter2-3〜GameEngineクラス(サンプルクラス)〜/li>
  5. Chapter2-4〜Windowクラス(サンプルクラス)〜
  6. Chapter3〜描画処理を読む〜
  7. Chapter4〜シェーダについて〜
  8. Chapter5-1〜レンダリングについて〜
  9. Chapter5-2〜レンダリング詳細〜
  10. Chapter6〜Projection(投影)〜
  11. Chapter7-1〜Cubeを作る〜
  12. Chapter7-2〜Texture〜

家計簿アプリを作る準備

セットアップ

1.まずはMavenプロジェクトを作成します。

2.そして、プロジェクトのセットアップを行います。

今回は、フレームワークとしてLWJGLを使用します。必要なライブラリをMevenで落としてくるのも良いのですが、バージョンが沢山あるので、今使用しているライブラリを使用します。LWJGLのセットアップ

プロジェクトを右クリックして、properties

Build Pathを選択

ライブラリを追加しますので、ライブラリ(Libraries)を開き「Add Library」

そして、「User libraries」をクリック

「New」でUserLibraryを作成します。

「Add External Jar」で外部(Eclipseの外)ライブラリ(JAR)を読み込みます。

今回はLWJGLなのでダウンロードした、頭に「lwjgl」とついているJARファイルを全てパスに繋ぎます。そしてOK。

Javaのバージョンを1.8以上にします。

Project右クリック > Properties > Java Compiler

でJavaのバージョンを1.8以上にします。

トドメに、「Hello World」を実行

とりあえずは、ここまでで一区切りです。

でわでわ。。。

 関連ページ一覧

<開発ツールのインストール>

<プロジェクトの作成(はじめ方)>

<GitからのPULL方法>

<Javaの基本から応用など>

 


コメントを残す