Java Mid Basic 〜Lv2_7_Javaの基本(ファイルを読む)ゲームループ付き〜

イントロダクション

前回は、プロパティファイルの読み込みをやりました。
そして、今回はテキストファイルの読み込みをやります。

前回と何が違うのか?

前回の「プロパティファイル」は読み込むための処理が全てJavaAPIで実装されている状態なので、以下の実装がありません。

  1. ファイルを開く(Open)
  2. ファイルを読み込む(Read)
  3. データ(ファイルの中身)を取り出す

ちなみに、ネットワークでの通信処理もこのファイル操作と同様な処理を行うので、つまり概念も同じなので、理解しておくと後々楽ですし、面白いこともたくさんできます。

ファイル読み込み

ファイルの読み込みは上記の手順で行います。
サンプルコードです。テキストファイルは「title.txt」で、配置場所はresources/にあります。

/**
 * テキストファイル"title.txt"を読み込みコンソールに出力します。
 */
public void showTitle() {
    File file = new File("resources/title.txt");
    BufferedReader buf = null;
    try {
        buf = Files.newBufferedReader(file.toPath(), StandardCharsets.UTF_8);
        // テキストファイルを出力する
        String line = null;
        while((line = buf.readLine()) != null) {
            System.out.println(line);
        }
    } catch (IOException e) {
        e.printStackTrace();
        System.out.println("ファイル読み込みエラーです、アプリケションを終了します。");
        System.exit(-1);
    }
}

ソース全体はGitにアップしてあるのでそちらを参照ください。

処理内容

Fileクラスでtitle.txtをOpenします。

File file = new File("resources/title.txt");

そして、BufferedReaderでファイルの読み込みを行います。

buf = Files.newBufferedReader(file.toPath(), StandardCharsets.UTF_8);

読み込んだデータ(ファイルの中身)を取り出します。

// テキストファイルを出力する
String line = null;
while((line = buf.readLine()) != null) {
    System.out.println(line);
}

そして、実行結果は下のようになります。

でわでわ。。。