Java はじめて 1 〜メインメソッド〜

今までは、技術屋的にぶっつけ本番的なJavaプログラミングの方法を記載してきたように思います。

ここで、初めてJavaを学習し始めた時のことを思い出しもう一度似たようなこと記載することになりますが、いろんな角度でJavaの習得に向けたアプローチをしていきたいと思う次第です。

Javaアプリの作り方

はっきり言って「アプリ」と言っても、最小レベルの「アプリ」になります。俗言う所の「ハローワールド」になります。
くどいようですが、基本にして全てです。
つまり、「Javaはメインメソッドが動く」ということです。いろんな疑問の声が聞こえてきそうですが、それは後々に答えたいと思います。そして、メインメソッドは下のような書き方で書かないといけません。(固定で、決まっているということです。)
とりあえずは下のコードを見てください。

public class MainMethodTest {
   public static void main(String[] args) {
      System.out.println("Hello World");
   }
}

上のコードが、自分で作成したクラス「MainMethodTest」クラスです。そしてその中にメインメソッドがあります。

Javaはまず先に「クラス」があって、それを「コンパイル」して。。。と以下のような順序でファイルを変換して起動します。

  1. javaファイルにコードを実装する(今回はMeinMethodTest.java)。クラス名=ファイル名である必要があります。(Java実装の基本的なルールです)
  2. コンパイルする。javaファイル→classファイルに変換
  3. JVM(Java Virtual Machine"Javaバーチャルマシン")がclassファイルを読み込み、処理を実行する

はっきり言って、文字で内容を読んでも意味がわかりません。なので実際にやって見ます。

自分は、作業用PCとしてMacを使用しているのでコマンドはUnix系(Linux)と同様なコマンドが使用できます。つまり、Windowsのコマンドプロンプトとは勝手が違うので、その部分にご注意いただきたく思います。

Javaアプリを起動する

まずは、javaファイルを作成します。

  1. (Macなので)ターミナルを起動します。
  2. 「vi」コマンドでファイルを作成します。
  3. 上のコードを実装します。
  4. javaファイルをコンパイルします。
  5. classファイルを実行します。

前提として「Java」をインストールする必要がありますが、その部分に関しては、こちらの記事を参照していだきたく思います。

<開発環境のインストール>
開発ツール(IDE)のインストール方法

Windows版Eclipseのインストール方法

そして、Java(JDK)のインストールはこちらのリンクを参照ください。Windows版の場合はこちらのリンクです。

どちらも、ダウンロードしてインストーラでインストールを行うので、簡単にできます。

インストールの確認。

実装してみる

上記で、記載したように、順番に作業を進めます。
というか、動画を作成したのでそれを見ていただくと「こんな感じ」というのがわかると思うので、こちらをどうぞ

このような形で、実装〜起動までを行います。
今後、Javaのコーディングなどを行うときにはEclipseなどのIDEでの実行がほとんどになると思います。
理由は「楽だから」、実際に開発の仕事でもEclipseはよく使うので、使えて損はありません。

でわでわ。。。

関連ページ