Java 子供向け 〜AndroidアプリでJavaをすヽめる

Androidアプリの作成準備を始めました。
Android Studioのインストール〜ハローワールドの実行までやりました。

Javaをすヽめる

Androidをやるのには下心があります。それは近所の子供たちにJavaをやらせようというものです。
実際に自分はボランティアで近所の子供たちにプログラミングに関してアドバイスなんぞしていますが、まぁ一言で言うなら「子供たちは天才ばかり」と思い知らされています。実際にある中学生はSSLの通信ロジック(暗号処理の一部分)の内容を見事に説明してくれました。
他にも、企画を立て、仲間を集めコンテストに出場とか、コンテストに優勝とか。。。

そーなると、自分は、大人として黙ってはいられない気持ちになるわけです。

Javaワールドへ引き込みたい。。。

このような気持ちがふつふつと湧いて来ます。

しかし子供!

やはり「面白い」がないとやる気になってくれません。キーワードとしては「ゲーム」、「難問」など、キモになる穂は「達成感を得る」と言う部分です。ちなみに中学生くらいの子供たちを対象にしようと思っています。

昔ながらの方法で

早い話が「やってみせる」と言うところに行き着くわけです。具体的には。。。

座学をやっても意味がない

理論的に理解すると言うことは大事ですが、それよりも「結果」を重視する方法でないと「やる気」が出ないし、?がいっぱいになり興味も示してくれない状況です。
早い話が、ものを作って「これ面白いだろ?」とやってみせるのが一番の方法だと思うわけです。

Androidアプリ

これを作成し、動かしてみせる。何かしらのアクション(光る、鳴る、動く)を実装して見せてやれば人気者間違いなし!(作ったものです)なのでそれを作るためのアイディアを練るのがとても大変です。

要件

  1. 直感的に動かせるもの(アプリ)
  2. 動かして遊ぶとプログラミングの理解につながる
  3. Javaに興味を持ってもらう

上記のような要件を満たすようにサンプルアプリを作成したいと考えております。
パズルゲームなんぞはどうだろうか?

もちろん、一人で製造可能で、業後の時間帯で。。。となると大人向けプロジェクト共有(Gitリポジトリ)を作成、チーム開発を行うのがベストな方法なのかもしれない。。。
しかし主要になる技術がみんな違うんだなぁ。。。

なんか愚痴っぽくなったけど、これから作成しようと思うアプリの「要件」をまとめてみました。

でわでわ。。。

関連ページ

  1. [Androidアプリ開発 〜1.インストール〜]()
  2. [Android ライフサイクル 〜フレームワークって何?〜]()

サイトマップ