PHP Brackets ~XAMP + PHPでウェブサーバー~

イントロダクション

Bracketsを使用してPHPのウェブ開発のローカル環境を構築しようと考えました。

インストール

  1. softnicのサイトからダウンロードできます。

  2. MAMPのサイトからMACとWindowsを選択してダウンロードできます。PROはインストール時にチェックボックスにチェックを入れることでインストールできるようです。が自分のWindowsではうまく動かなかったので、XAMPPに変更しました。

  3. XAMPPのインストールサイトからインストーラーをダウンロードします。

Brackets

インストールするときにCドライブでないとうまく動かないようです。あとは、インストーラーがMSIファイルなので、ダブルクリック一発でOK

XAMPPでウェブサーバー

MAMPのインストールは出来たけど、MySQLがちゃんと起動しないので、あきらめてXAMPPを入れることにしました。失敗の内容として下の記事を残しておきます。

上にもありますが、こちらのページからインストーラーをダウンロードできます。

起動確認

XAMPPのコントロールパネルを起動します。

Apache(ウェブサーバー) とMySQL(DBサーバー)を起動し手問題のないことを確認します。

<ウェブサーバーの確認>
ブラウザで「localhost」にアクセスしてください。

<DBの確認>
上のページから「phpMyAdmin」というメニューがあるのでそれをクリックしてください。

XAMPPのインストール後

レンタルサーバーにPHPなどのファイルをアップロードしている人は、ZIPファイルの形でそれらの資源をダウンロードできると思います。
そして、ダウンロードした資源をドキュメントルートに展開します。
ドキュメントルートは、XAMPPの場合「XAMPPインストールフォルダ/htdocs/」になります。
WordPressなどを使用している人の場合も、同様です。
そして、ダウンロードしたZIPファイルをドキュメントルートに展開します。

次に、ドキュメントルートの場所を確認、もしくは変更する場合は下のファイルを修正します。

xampp\apache\conf\httpd.conf

上記の

"D:/Apps/XAMPP/htdocs"

の部分を確認、修正します。

ちなみに、自分はドキュメントルートをもう一つ下の

web

フォルダに変更したいので次のように修正しました。

"D:/Apps/XAMPP/htdocs/web"

そんなわけで、MySQLが参照しているドライブの設定では動きませんでした。

出力されたエラーは以下のようなものです。

Can't change dir to 'c:\xampp\mysql\data\

なので、本来参照するべきディレクトリにあるmy.iniファイルを修正しました。
ファイルのディレクトリは

D:\Apps\XAMPP\mysql\data

です。

そしたらうまく起動できました。おそらくMAMPの場合も同様です。

次のエラー

Using unique option prefix 'key_buffer' is error-prone and can break in the future. Please use the full name 'key_buffer_size' instead

こんなエラーが出ました。

なのでこちらのページを参照して修正しました。

<解決法>
xampp/mysql/bin/my.iniを修正

(35行目、168行目、174行目)
「key_buffer」を「key_buffer_size」にする。

ちなみに、DBのユーザー名とパスワードの変更方法は、こちらのページを参考にしました。
実行したSQLは下のものです。

ALTER USER 'user-name'@'localhost' IDENTIFIED BY 'NEW_USER_PASSWORD';
FLUSH PRIVILEGES;

注意点としては、ユーザー名(user-name)とホスト名(localhost)にシングルクォーテーションがついているところです。エラーが出ます。

ユーザーの権限などのチェック

レンタルサーバーではDBのユーザーなどの設定が行われているが、ローカルではそう行きません。
なので、DBを起動して「phpMyAdmin」を起動して権限などを設定しましょう。

WordPressのインストール

実際には、WPのファイルなでゃそろっているのですが、設定部分が面倒なので、インストールからやり直してしまおうという考えです。

あとは、実行後にレンタルサーバーから出力したXMLをインポートすれば、環境構築完了です。

手順1

WordPressのフォルダ直下にある「wp-config.php」を名前変更し「_wp-config.php」にする。

そうして、ブラウザでアクセスすると下のように初期設定画面が見れます。


WindowsにMAMPをインストールして使用しようとしたときに記載したものです。こちらの記事は失敗していますが、どのような失敗だったのかを記載しました。

最終的には、MySQLの設定がうまくいかなかったというところです。

失敗 MAMPでウェブサーバー(for Windows)

ワードプレスを使用してレンタルサーバーを運用しているので、
テスト環境として、自分のPC上にレンタルサーバーと同じような環境を構築しようと考えました。

MAC版の記事はこちらに記載しています。

インストーラーのダウンロード

インストール

  1. ダウンロードしたファイルを起動します。次へをクリック

  2. プロ(有償)は使用しないのでチェックを外します。次へをクリック

  3. ライセンス条項に同意します。

  4. インストール先を指定します。

  5. そのまま次へをクリック

  6. 同様に次へをクリック

  7. インストールのボタンが見えるのでそれをクリック

※インストール時にエラーが出ることがありましたが、これはダウンロードの失敗のようなので、Try ageinで再度行えば解消できるようです。しかし、それでもダメな場合は、インストーラを再度ダウンロードしてやり直してみてください。

サーバーの設定

  1. MAMPを起動すると下のような画面が見れますので、環境設定を選択します。

  2. そしてドキュメントルート、サーバーを起動したときにURLでアクセスできるディレクトリのルートです。
    具体的には、localhost:8080でアクセスしたときにindex.phpが開けると思いますが、このファイルが置いてあるディレクトリのことです。
    このドキュメントルートを指定します。

    指定したときの例

  1. サーバーが起動するようです。※Nginxを使用するときは設定する項目が多くなるので、起動しませんでした。

  2. サーバーが起動したら、ブラウザで、localhost:80にアクセスしてみましょう
    MAMP12

もしも不具合があったら

再インストールをしてみるのが、有効な手段らしいです。⇒まだ確認できていません。

Brackets

IDEとしてこのアプリを使用します。どうやらAtomと同様にテキストエディタらしいので、コードを書いてあとはコマンドで。。。

というのをイメージしていたのですが、拡張機能(Extention)があるようなので、それを使用する方向で。。。

このアイコンをクリックします。拡張機能ボタンのようです。

そして、下のような画面が開きます。Elipseのマーケットプレイスに似ています。

つまり、検索してインストールが可能ということです。