ラズパイ セットアップ 〜ベアメタルインストール〜

イントロダクション

夏休み、緊急企画(思いつきなんで。。。)ラズパイをベアメタルでインストールします。BareMeataltとは、OSとかがないまっさらな状態のことらしいが色々と認識がぶれるが、まぁ無視して「GUI環境」ではないCUI環境のこととして記載しますのでご注意いただきたいと思います。

Intoroduction

It's summer vacation. That's why i will try install raspbian to raspberry pi with baremetal.  caution, "baremetal" mean "CUI". it's not same "baremetal" with wiki.

ラズパイ_CUIのインストール

右のラズパイダウンロードサイトにアクセスする。
access below URL.
https://www.raspberrypi.org/downloads/raspbian/

上記のサイトに下のような画面で、左がデスクトップ、右がCUIになるようです。
you can see below view. left is for Desktop, right is for CUI.

筆者はMacを使用しているのですが、とりあえずZIPをダウンロードしました。
ZIPをダウンロードしたら。。。
I am using Mac. so I download right side zip file.

ディスクユーティリティを開きSDカードを初期化します。
To format SD card, open Disk utility like this...

FAT32でフォーマットする必要があります。
We need Format to FAT32.

ラズパイのイメージを配置する
Set raspberry img on SD card.

これで、ラズパイが動いたら次は、Javaを起動します。



Java 画面作成〜JavaFX〜

イントロダクション

夏休みなので、ラズパイを使って自由研究と洒落込もうと考えました。
そして、ラズパイで何をやろうか?と考えました。

Introduction

In summer vacation. And I think about what will I do?

作成するアプリケーション

Javaで作成した画面をラズパイに表示してみようと思います。
まずはここからです。これだけではつまらないので何かを実装して動かしたいのですが、予定通りに行くことは稀なのでとりあえずはここまでやる事にします。

About application I will make

First of All, I think show a view of application made by java in raspberry pi.
But it's not interesting, only view application view. First, show a view, next... next...

手順(How to)

1. JavaFxで画面を作成する。Create View by JavaFx.

public GamenClass extends Application {
   public static void main(String[] args) {
      launch();
   }
   /** 
    * 画面を実装するメソッド
        * Application#startをオーバーライドします。
    */
   @Override
   public void start(Stage primary) {
       TextArea area = createTextArea();
       Group root = new Group();
       root.getChildren().add(area);
       Scene scene = new Scene(root, VIEW_WIDTH, VIEW_HEIGHT);
       primary.setScene(scene);
       primary.show();

       // プロパティファイルのロード
       ResourceBundle bndle = ResourceBundle.getBundle(CMD_PROPERTY);
       System.out.println("Properties: " + bndle.getString("acc"));
   }
}

ソースにするとこんな感じになります。
大雑把にGroupクラスを作って(new Group())、Stageに追加(add)、そしてSceneをStage追加、そして表示(show())するだけで画面が表示できます。
Groupクラスに作成した画面コンポーネント(テキストエリアetc)を追加する事で表示画面に必要な部品(ボタンなど)を追加していきます。

this is a part of source code. First, override start method. Second create Group class(new Group()), and add view components. Last, show a view(Stage.show())

サンプルのソースはこちらになります。
Sample code is this.

でわでわ。。。
See you next time. have a good day!