Java Basic Level 4〜Boolean〜

イントロダクション

再度、復習の意味で以前記載したものを再度やります。
今回はBooleanの使い方をやります。前回までは、Javaを初めて触る人向けに記載しました。今回からは、少し触ったことがある人向けに記載します。
ちなみに、前回記載したものは、こちら

Introduction

I will write again what how to use value of boolean. And Tihs time, Write about Boolean.

ロードマップ

  1. Booleanの扱い方 今回
  2. If文の使い方
  3. If文の使い方〜応用編〜
  4. ループ処理〜For文〜
  5. ループ処理〜For文の応用〜
  6. ループ処理〜While文〜
  7. ループ処理〜While文の応用〜
  8. ループ処理〜Do While文〜
  9. ループ処理〜Do While文の応用〜
  10. 演算子の整理
  11. 演算子の応用
  12. まとめ

Road Map

  1. How to use Boolean This time
  2. How to use if statement
  3. Training of  if statement
  4. How to use loop statement 〜While〜
  5. Training of Loop〜While〜
  6. How to use loop statement 〜While〜
  7. Training of Loop〜While〜
  8. How to use loop statement 〜Do While〜
  9. Training of Loop〜Do While〜
  10. Summary of operator
  11. Training of operator
  12. Summary

Booleanの使い方

Booleanとは「True(真)」と「False(偽)」の値を入れるためのデータ型です。

boolean hantei = 1 == 1; // True
hantei = 1== 2 // False
String moji = "abc";
hantei = "abc".equals(moji); // True
hantei = "abb".equals(moji); // False

簡単な使い方は上記のような使い方です。実際には「if」文と合わせて以下のように記述します。

public static void main(String[] args) {
   if ("test".equals(args[0]) {
      System.out.println("プログラム引数は" + args[0] + "です");
   }
}

上記はプログラム引数(プログラムを起動するときに渡す引数です)

How to use Boolean

Boolean is Data type of variable whitch you can set true and false. This is sample of use Boolean.

boolean hantei = 1 == 1; // True
hantei = 1== 2 // False
String moji = "abc";
hantei = "abc".equals(moji); // True
hantei = "abb".equals(moji); // False

This is a example of simple case. actually we ofen use in if statement

public static void main(String[] args) {
   if ("test".equals(args[0]) {
      System.out.println("Program argument is " + args[0]);
   }
}

That program print to console a program argument.

今回は問題がありません。次回からは問題を作ります。でわでわ。。。
Javaを楽しんでください!

There is no questions. Next time, I will make questions.
Have a gooday and enjoy java. see you next time!