Java Doc 読解〜BufferedWriter〜

イントロダクション

BufferedWiterはReaderインターフェースとセットにして使用することが多いです。ちなみにBufferedReaderに関してはこちらです。

JavaDocの読み込み

キャプチャを撮ってみました。ぶっちゃけた話細かいことより「どうつかうの?」が知りたいと思っているところに詳細なクラス関係などを説明されても困るので、筆者は困ったので、早速使い方を以下に示します。

// TODO-[IOExceptionのthrows文、try〜chatchなどを使用します。
FileReader fileRead = new FileReader(new File("./test.txt"));
BufferedReader read = new BufferedReader(fileReader);
BufferedWriter writer = new BufferedWriter(
                           new FileWriter(new File("./out.txt)));
// 読み込む行
String line = null;
while((line = read.readLine()) != null) {
   witer.write(line);
}
// ファイルを閉じる
writer.close();

Readerクラスの記載にも同じコードがあります。
FileReaderでも、通常の文字列でも良いのでwriteメソッドでファイルに出力します。そして、出力が終わったらcloase()してください。ファイルが閉じていない状態だと、対象のファイルが読めなかったり、余計なデーモン閣下が残ったりとして面倒臭いです。
※デーモン閣下→デーモン(デーモン・プロセス)画面上に表示されないけれど画面の裏側にいきているプロセスのことを言います。サーバなど起動しているときサーバーは画面上に出て来ず、裏側で起動している場合があります。この様なプロセスのことをデーモン(デーモン・プロセス)と呼びます。

Readerと合わせて使用することが多いです。他にも標準入力から使用することもあります。※ゲームを作成しようとしたら標準入力は必須になります。

でわでわ。。。