JavaFX SceneBuilder 〜EclipseとSceneBuilder連携~

イントロダクション

前回(動画です)は、SceneBuilderをインストールしてEclipseから起動しました。

早速使ってみました。

参考サイト;Java OpenCvのチュートリアルサイト

SceneBuilderを起動する

単体でSceneBuilderを起動する(FXMLを作る時)

https://www.youtube.com/watch?v=aN3YKxEaZ3w&feature=youtu.be

EclipseからSceneBuilderを開く場合

Eclipseを開き前回作成したプロジェクトからFXMLを見つけます。(src/zenryokuservice/opnecv/fx/OpenCvTest.fxml)

そして、SceneBuilder起動

https://www.youtube.com/watch?v=DZEWd0Viiuk&feature=youtu.be


  1. BorderPaneを追加
  2. 各プロパティを設定する(id, 表示するテキストetc...)
  3. Buttonを追加(各プロパティ設定)
  4. ImageViewerを追加(各プロパティ設定)

下のコードは、SceneBuilderで生成されたコードです。

<Main.java>

import javafx.application.Application;
import javafx.stage.Stage;
import javafx.scene.Scene;
import javafx.scene.layout.BorderPane;
import javafx.fxml.FXMLLoader;

public class Main extends Application {
    @Override
    public void start(Stage primaryStage) {
        try {
            BorderPane root = (BorderPane)FXMLLoader.load(getClass().getResource("OpenCvTest.fxml"));
            Scene scene = new Scene(root,400,400);
            scene.getStylesheets().add(getClass().getResource("application.css").toExternalForm());
            primaryStage.setScene(scene);
            primaryStage.show();
        } catch(Exception e) {
            e.printStackTrace();
        }
    }

    public static void main(String[] args) {
        launch(args);
    }
}

<OpenCvController.java>

public class OpenCvController {

}

これらが完了したら、次はアクション(イベントハンドラ)を実装していきます。

関連ページ

Eclipseのインストール〜java学習フロー