Java DB 起動〜Derbyの起動〜

イントロダクション

JavaDB、Derbyの起動について記載します。DerbyはJDK=Javaをインストールしたら一緒についてきます。JDKつまり下のキャプチャになります。

Java(JDK)のインストール先から「db」と言うフォルダがあればインストール済みと言うことです。

起動するためにどうやるのか?

起動するのには大まかに2つのタイプがあります

  1. サーバータイプ:「ij」コマンドでDerbyを起動して、それにアクセス
  2. Embedタイプ:システムプロパティに起動する場所を設定して起動する

今回は2の「Embed」タイプの起動を行います。

  1. Derbyを起動する場所を指定する
  2. エンコード指定をする

<実際のコード>

String url = "jdbc:derby:/Users/takk/eclipse-workspace/AutoBlogPoster/db;create=true";
try {
        // システムのホーム=>Derbyを起動する場所
	System.setProperty("derby.system.home", "/Users/takk/eclipse-workspace/AutoBlogPoster/");
        // エンコードの指定
	System.setProperty("derby.ui.codeset", "UTF8");
        // 指定した場所で起動するDBのコネクションを取得する
	con = DriverManager.getConnection(url);
        // オートコミットする設定
	con.setAutoCommit(true);
        // SQLを実行するためのオブジェクト
	stm = con.createStatement();
        // SQL文
	String isTable = "select * from BUNSETSU_MST";
        // SQLの実行と実行結果取得
	ResultSet rs = stm.executeQuery(isTable);
	while(rs.next()) {
		String st = rs.getString(1);
		System.out.println(st);
	}
} catch(SQLException e) {
	e.printStackTrace();
} finally {
	try {
                // SQLを実行するオブジェクトを閉じる
		stm.close();
                // コネクションを閉じる
		con.close();
                // オブジェクトの解放(メモリ解放)
		stm = null;
                // 同上
		con = null;
	} catch(SQLException e) {
		e.printStackTrace();
	}
	
}