Java インターフェース〜Mapの使い方 ワンポイントレッスン的な〜

Mapインターフェースはキーと値をセットにして使用するクラスです(インターフェースクラス)

やっぱりソースで語ります。こんな感じです。

public static void main(String[] args) {
	Map<String, Integer> hashMap = new HashMap<String, Integer>();
	hashMap.put("C", new Integer(3));
	hashMap.put("B", new Integer(2));
	hashMap.put("A", new Integer(1));
	hashMap.forEach(new BiConsumer<String, Integer>() {
		@Override
		public void accept(String t, Integer u) {
			System.out.println("Key: "+ t + " / Value: " + u);
		}
	});;
	Map<String, Integer> linkedMap = new TreeMap<String, Integer>();
	linkedMap.put("C", new Integer(3));
	linkedMap.put("B", new Integer(2));
	linkedMap.put("A", new Integer(1));
	linkedMap.forEach(new BiConsumer<String, Integer>() {
		@Override
		public void accept(String t, Integer u) {
			System.out.println("Key: "+ t + " / Value: " + u);
		}
	});;
}

<実行結果>

昔のMapはTreeMapはコレクション・フレームワーク側でソート(並べ替え)をしてくれていたんだけど、今はHashMappもソートしてくれるようで。。。

ほぼ違いがない、

<ポイント>

Map<キー, 値>で宣言します。キーと値をセットして取り出したり登録したり。。。こんな感じで使用します。Gitにソースをアップしています。