Eclipse Gluon Game〜じゃんけんゲームを作る4:ライセンスを取得する〜

イントロダクション

前回、じゃんけんゲームVer1.0を作成しました。

そして、アンドロイド端末にゲームをデプロイしようと思ったのですが、apkファイルを出力するビルドができないのでなんでか考えました。

考えられる原因:(フリー)ライセンスを取得していない

十中八九これが原因だと思います。そして、このライセンスを取得するために以下のような準備をする必要があります。参考サイト:GLUONでのライセンス

英語のサイトなので、これを翻訳(Google翻訳)をすると下のようになりました。

2019/08/11

  • GLUON Mobileのライセンス取得しました。

キーポイント

  • ライセンスは、ライセンスが要求されているオープンソースプロジェクトでのみ使用できます。
  • 非商用のオープンソース開発に限定されています。
  • 1年間有効で年間更新可能です。
  • 申請するには、プロジェクトリーダーまたはコアコミッターになる必要があります。
  • プロジェクトは3ヶ月以上経過している必要があります。
  • プロジェクトは活発に開発中です。
  • プロジェクトは、商用サービスを提供したり、有料のソフトウェアバージョンを配布したりしてはなりません。
  • プロジェクトは、定期的に更新されるニュースセクションまたはプロジェクトの更新が掲載されているソーシャルネットワークアカウントへのリンクを含むWebサイトを持っています。
  • プロジェクトリリースは定期的にビルドを更新しました。

とりあえずは、プロジェクトの情報を発信するためのウェブサイトが必要なのでそちらを先に作成しなくてはならない状態です。

次はどーするか?

とりあえずは「プロジェクトサイト」の作成に着手しようと考えています。これには考えが何個かあってどこから着手しようか思案中です。

<考え(希望し)ている内容>

  • Git(GitHubのウェブページ)を使用してプロジェクトサイトを作成、公開する。
  • このBLOGを記載しているサーバー(ミニムサーバー)でリポジトリ(Git)のコミットなどの操作を行ったときのSNS(Twitterの予定)への連携処理(PHPにて実装予定)を行う。つまり。このサーバーでPHPを使いTwitterとGitを連携させる。
  • ロードマップなど、どのように作業を進めていくかを示すものを表示する。
  • Redmineのように、作業タスクと計画をリンクさせた形で計画~実行までを行いたい。
  • できれば、開発を行う仲間(コミニティ)を作りたい。

とりあえずはGitを学ぼう

オープンソースでJavaゲームから、人工知能までいろんなプロジェクトが存在しているGitを使用してやればうまくいきそうだと思っているのでここら辺を調べてみようと思っています。GitHubでは以下のようなことができるようです。(一部)

  • 静的(画面に動きのない、スクリプトなどがない)ウェブページの作成
  • リポジトリ(ソースなどのバージョン)管理
  • Issueの作成により、マイルストーン(ロードマップ的な実行手順を並べたもの)の作成
  • Webhookによるコミット時などのイベントによるリクエスト送信(SNS連携に使用できる)

まぁ調べてみないとなにもはじまらないかんじですね(笑)

 


コメントを残す