テキストRPGを作る〜数秘術の概要まとめ〜

数秘術の普遍数

上記の数値をテキストRPGの作成にしようと思い、調査しました。その結果をまとめます。
ちなみに、数秘術での分類とゲームで使用するパラメータの分類は以下になります。

<ゲームでの分類>

  1. HP: 生命力(ヒットポイント)
  2. MP: 魔法力(マジックポイント)
  3. 力: 物理攻撃力(体力テストから算出)
  4. 素早さ: 攻撃時に、先手を取りやすい
  5. 知力: 知識の応用力、パズルやナゾナゾ、問題の解決をした回数
  6. 協調性: 算出方法検討中、ゲーム内の「パートナー」との連携力を示す
  7. 行動力: 算出方法検討中、ゲーム内の魔法の効力を決定する

<数秘術での分類>

  1. 基本原理
  2. 心理機能
  3. 高次の性質
  4. 様相
  5. エレメント
  6. 支配星
  7. 人物像

参考にしたのは以下の書籍です。下の画像リンクは広告リンクです。

普遍数の種類

上記の書籍によると11種類あり、以下のような特徴を持っています。

<数秘術での分類>

普遍数1=パイオニア

  1. 基本原理: 男性性、陰陽の「陽」、万物を生む因子(種子)、宗教上では、主神、全てを超越した者、モナド
  2. 心理機能: 個性、自立心、目的意識、強さ、独自性、洗濯と意思決定
  3. 高次の性質: 個性化、自分らしさ、自己主張
  4. 様相: 行動
  5. エレメント: 火
  6. 支配星: 太陽
  7. 人物像: 勝者、工程、王

普遍数2=パートナー

  1. 基本原理: 女性性、二元性、揺らぎ、想像力、内省、直感
  2. 心理機能: 協調性、人間関係、バランス、分別、正義感
  3. 高次の性質: 愛情、知恵、実りの豊かさ
  4. 様相: 周囲に配慮して振る舞う
  5. エレメント: 水
  6. 支配星: 月
  7. 人物像: チームプレーヤー、パートナー、」人生の伴侶

普遍数3=伝道者

  1. 基本原理: 結合による想像、三位一体、拡大と生成、知性と行動力の両立
  2. 心理機能: コミニケーションの欲求、心の動きを重視した自己表現
  3. 高次の性質: 愛情、知恵、実りの豊かさ
  4. 様相: 話すこと
  5. エレメント: 風
  6. 支配星: 土星
  7. 人物像: コミュニケータ、講師、牧師、ダンサー、コディアン

普遍数4=建設者

  1. 基本原理: 物質界、現実、個体、正方形と立方体、考えを形にする、人間の4機能(肉体、感情、知性、霊性)
  2. 心理機能: 自制、他人とは距離を置く、一人一人の個性を認める
  3. 高次の性質: なし
  4. 様相: 不活発
  5. エレメント: 地
  6. 支配星: 地球
  7. 人物像: 科学者、彫刻家、農業従事者、園芸家、技術者

普遍数5=自由人

  1. 基本原理: 活発、創意工夫、創造性、外交的、知識欲。多芸多才、好奇心旺盛、情報伝達力に優れる
  2. 心理機能: 充実した人生を送りたいという欲求、万人の自由の権利を守ろうとする
  3. 高次の性質: なし
  4. 様相: 想像力
  5. エレメント: エーテル(風)
  6. 支配星: 水星
  7. 人物像: 作家、詩人、幻視家、冒険家、発明家、理想主義者

普遍数6=奉仕者

  1. 基本原理: 神が創造に費やした日数、六芒星、創造性、芸術、生命のリズム
  2. 心理機能: 無私の精神を発揮する
  3. 高次の性質: なし
  4. 様相: セクシーでエロティック
  5. エレメント: 地
  6. 支配星: 金星、美、愛、平和、芸術、奉仕の星
  7. 人物像(適職): 芸術家、弁護士、外交官、ヒーラー

普遍数7=夢想家

  1. 基本原理: 地球から見える7つの惑星(日〜土)、7、チャクラ(7つ)
  2. 心理機能: 本質を追求、真理に迫る、人と神をつなぐ
  3. 高次の性質: なし
  4. 様相: 活動的、抽象的な考え方をする
  5. エレメント: 風
  6. 支配星: 海王星
  7. 人物像(適職): 哲学者、科学者、教育者、著述家

普遍数8=実業家

  1. 基本原理: 立方体、4つ目の次元に時間を加える、DNAの螺旋
  2. 心理機能: 意志力と実行力
  3. 高次の性質: なし
  4. 様相: ストイック、人の上に立つ
  5. エレメント: 水
  6. 支配星: 土星
  7. 人物像: 大企業のCEO(成功経営責任者)、金融関係者、実利主義者、裁判官

普遍数9=調停役

  1. 基本原理: 最も洗練されている、完成と終了、ミューズ(ギリシャ神話の9柱の女神)
  2. 心理機能: 控えめ、自制、無私
  3. 高次の性質: なし
  4. 様相: 行動
  5. エレメント: 火
  6. 支配星: 火星、軍神マルスの星
  7. 人物像: 改革者、人道主義、自由の闘士、理想主義者、外科、精神科医

普遍数11=幻視家

  1. 基本原理: 直感、予知、予言、霊感、真理、美、陰陽のバランス、普遍的な正義の象徴
  2. 心理機能: 高次の意識状態を洞察する
  3. 高次の性質: なし
  4. 様相: 人生の意味を考える
  5. エレメント: 水と風の混合
  6. 支配星: 冥王星
  7. 人物像: カウンセラー、叡智を授ける導師

普遍数22=設計者

  1. 基本原理: 天地を結ぶ、大きな理想を実現する、マスタービルダー
  2. 心理機能: 抽象的な考え方を具現化し人の役に立てようとする
  3. 高次の性質: なし
  4. 様相: 深謀遠慮
  5. エレメント: 火と地
  6. 支配星: 冥王星
  7. 人物像(適職): 建築家、大規模な人道支援の設立者、大学の学部長

数字の出し方

上記の普遍数が要素にあたり、以下の「カルマ数など」の値を算出して、その人を占うようです。
というわけで、算出方法について見てみます。

用意するもの

・アルファベットのブロック体で書いた出生時の名前。
・紙と鉛筆

手順

<注意>
本物の数秘術ではわかりませんが、ヘボン式ローマ字で記載、計算します。別に占いをやるわけではないので何を使用しても関係ないので(笑)

  1. 準備で用意したアルファベットの文字列の母音を上記の表から変換した数字を合計します。
    TAKUNOJI = 1 + 3 + 6 + 9
    ここの値が2桁になったので一桁にします。
    1 + 3 + 6 + 9 = 19 = 10
    1 + 0 = 1
  2. 子音の数を合計します。
    TAKUNOJI = 2 + 2 + 5 + 1
    ここで注意ですが、たくのじは苗字がありません。苗字がある人は、名前の時と同様に苗字算出してください。

そして、算出した名前と苗字の数を合算、一桁に直します。わかりづらいので、たくのじに苗字をつけます「七志野」という苗字にします。なので以下のような形で算出します。
<名前>
N 5A 1 N 5 A1 S 1 H 8 I9N 5 O 6 T 2 A 1 K 2 U 3 N 5 O 6 J 1 I9
<前半>
母音:NANASHINO => 1 + 1 + 9 + 6 => 17 = 1 + 7 => 8
子音:NANASHINO => 5 + 5 + 1 + 8 => 19 => 1 + 9 => 10 => 1 + 0 => 1
<後半>
母音:TAKUNOJI => 1 + 3 + 6 + 9 => 19 => 1 + 9 => 10 => 1 + 0 => 1
子音:2 + 2 + 5 + 1 => 10 => 1 + 0 => 1
<前半>と<後半>を合計して算出1 + 8 => 9
というわけで「七志野たくのじ」の人格数は「9」となります。

以降「算出方法」として記載している計算式は「七志野たくのじ」を計算した時のものを記載しています。

カルマ数など

  1. 人格数: 生まれつきの性格、人間関係の傾向、物の見方や行動パターン(上記の例を参照)
  2. ハート数: この世に生きる喜びをどのように味わい、表現するか?という傾向を示す
    <1. 算出方法>
    名前を数字に変換した時に出てきた数字の母音部分の合計
    上記の<名前>部分より1 + 1 + 6 + 1 + 3 + 6 + 9 => 27 => 2 + 7 => 9
  3. 運命数: 生まれながらに持った特徴
    <2. 算出方法>
    生まれた月日を計算
    7/12 => 7 + 1 + 2 => 10 => 1 + 0 => 1
    同様に年
    1942年 => 1 + 9 + 4 + 2 => 16 => 1 + 6 => 7
    運命数=「7」
  4. 意思数: うちなる自己=意思、やる気とか行動に出るものとは違う
    <3. 算出方法>
    名前の人格数を出した時の子音の数の合計
    <名前>部分より5 + 5 + 1 + 8 + 5 + 2 + 2 + 5 + 1 => 34 => 3 + 4 => 7
    意思数=「7」
  5. 特性数: 人生の中で重要な意味を持つ分野
    <4. 算出方法>
    名前の人格数を出した時の出てきた回数の多い数字上位2つ、ただし、6回以上同じ数字があった場合は1つ
    NANASHINO TAKUNOJI => 1(4回), 5(4回)
    特徴数=「1、5」
  6. 欠落数: 5とは反対の分野
    <5. 算出方法>
    人格数を出した時の出て来なかった数字
    NANASHINO TAKUNOJI => 4、7
    欠落数=「4、7」
  7. 成熟数: 人格数、運命数を要素に含む総合的なもの
    <6. 算出方法>
    人格数 + 運命数で算出9 + 7 => 16 => 1 + 6 => 7
    成熟数=「7」

上記までの内容に出てきた共通するもの

  1. 太陽系の惑星(日〜土の惑星)
  2. 火水風土の四大元素と東西南北
  3. ギリシャ神話の神々

まとめ

ここに出てきた、「分類」と「計算した結果」「出てくる数値」をテキストRPGのプロパティ(ステータスや職業、属性)に関連付けて使用したいというものです。

そして、各普遍数に対応するステータステンプレートを作成し、ゲームに反映しようと企んでいる次第です。

でわでわ。。。

関連ページ

UMLツール Star UMLを使う〜

UMLツール Star UML〜ユースケース図を書いて見た〜

Java Mid Basic Lv1Javaの基本を理解する(ゲームループ付き)

Java Basic 学習フロー