Rraspberry IoT Eclipse kura〜改めてインストールをする〜

前回、色々と試したが、Eclipse Kuraのインストールがうまくいきませんでした。。。
なので、色々と見直しながら再挑戦いたします。

結果

VBoxでのRPiインストール自体はうまくいくものの。。。
ハード部分のアクセス関連がうまくいかず。。。
結果的には、エミュレータを使用する必要があるという結論に至りました。

以下の記事は、VBoxの扱い方やRPiイメージのインストール関連の記述になっています。

ミスっていたところ

  1. OpenJKD11がインストールされた状態だった→JDKの8をインストールしてやる必要があった
  2. ネットワークdhcpcdを削除するだけでなく、切り替えも必要だった
  3. VBoxに作成した仮想マシンは64bitだが、インストールしたOSは32bitだった->32bit版を再インストール

VBoxの設定

<問題>

  1. VBoxのクリップボードの双方向共有ができない

    上のような画面でクリップボードの共有をする設定をしたけどクリップボードの共有ができない

解決

  1. どうやら、インストールした仮想マシンは64bitなのに対しOSは32bitなのでクリップボードがうまく動かないようです。参考サイトにはラズパイデスクトップは64bitでインストールするのがダメだったようです。。。なんかおかしいとは思ったけど。。。再インストールだなぁ

    そして、再度クリップボードの設定をしてAdditionsをインストールします。そしたらクリップボードの共有はできました。

再度Eclipse Kuraインストール

参考にするのはこちらのサイトです、よくよくみるとJDK8出なくてはできないというのではなく。。。
使用するJDKが8だったという風にも見れます。
なので直接Eclipseをインストールすることにします。
インストーラーがあるようなのでそれを使用します。
ここで、OSのbit数を確認します。32bitです。

JDKインストール

まずは、既存のJDKを削除します。
sudo apt-get remove openjdk*
そして、以下のコマンドで更新、インストールをします。

$ sudo apt-get update
$ sudo apt-get install eclipse

しかし、以下のようなエラーでインストールできませんでした。
E: パッケージ 'eclipse' にはインストール候補がありません
これは、sudo apt dist-upgradeを叩き、再起動するreboot
この状態で、はじめからセットアップします。

oracleJDK8インストール

仮想マシン(VBox)上のブラウザでこちらのサイトにアクセスします。そして、インストールしているのが32bit版なのでdk-8u231-linux-arm32-vfp-hflt.tar.gzを選択してダウンロードします。
そしてダウンロードしたファイルを適当な場所に配置

~/Java/ファイル

実行コマンド
sudo update-alternatives --install /usr/bin/java java /opt/jdk1.8.0_231/bin/ 1
しかし、結局java -versionではちゃんとした返答が返ってこなかったので、改めてJDKのインストールを行います。参考サイトはOracleのページです
そして、自分がトラブったJDKインストールに関する参考ページです。

  1. jvmディレクトリを作成sudo mkdir /usr/lib/jvm
  2. sudo gedit /etc/environmentこのファイルを編集
  3. 環境変数「PATH」に下のフォルダーを追加
    /usr/lib/jvm/jdk1.8.0_231/bin
    /usr/lib/jvm/jdk1.8.0_231/db/bin
    /usr/lib/jvm/jdk1.8.0_231/jre/bin

    下のファイルを編集します。
    ~/.bashrc
    コマンドは下のようになります。

    sudo nano ~/.bashrc 
  4. JDKの選択を行う
  5. java -versionで選択したJDKが昨日しているか確認

しかしうまくいかない。。。

こーなったら、頭からやり直す
参考にするページはこちらです、ORACLEのJavaSE Embeddedです。
そして、ここのページからJavaSE Embeddedをダウンロード手順を見てインストールします。。。。

インストールしているOSが悪かった

使用しているISOイメージが
ここのサイトからダウンロードできます。

raspbian-buster-lite

やはり参照するサイトはここのEclipeKuraのサイトです

上のOSをインストールします

  1. torrentファイルのツールをダウンロード、インストール(Mac)
  2. 下のようにツールを起動して
    torrentファイルを解凍?(Zipファイルのダウンロード)します。
    時間がかかるので余裕を持ってやりましょう。

torrentファイルからzipファイルをダウンロードできたら展開します、すると2019-09-26-raspbian-buster-lite.imgが取得できるので、これを使って再度Eclipse Kuraのインストールを行おうと思います。

ちなみに自分は時間がなくなってきたので。。。
ここら辺で失礼します。

しかし、またこんがらがってしまったので再度、まとめた記事を記載します。

でわでわ。。。



カテゴリーJ2ME