Java Android 〜スマホアプリではじめるJava〜

Javaと言うプログラミング言語があります。
これは、いろんな場所で使用されています。もちろん他にもいろんな言語があり、いろんな場所で使用されています。

しかし、その中でもJavaをすヽめるのにはわけがあります。
それは、習得難易度とライブラリの多さ、実装可能な範囲の大きさが理由です。
早い話が大体のことはできると言うことです。

プログラミング言語って?

プログラミング言語は高レベルなもの(言語)〜低レベルなもの(言語)があります。
低レベルなものの中で、有名なのは「C言語」です。
それに対し、高レベルなもの(言語)は「Python」が有名です、他にもScratchなどのようなブロックプログラミング言語があります。

高レベルなものは、(低レベルなものに比べ)簡単にものを作れます。習得するのも(低レベルなものに比べ)簡単です、有名なものとしてはWordPressとか、JavaScriptが代表例です。フレームワーク化して難しくなっているものもありますが(笑)プログラム言語自体は、難しくありません。

低レベルなものは、作るのが大変だけど、ほぼ大体のことができます。有名な人工知能も土台はC言語(C++)でできています。

スマホアプリ作成でJavaを習得

今回のメインになります。今まで上げたようなプログラミング言語の中で「高レベル」な部分と「低レベル」な部分を両方持っているのがこのプログラミング言語です。
具体的には、今回作成しようとしているAndroidアプリのように「フレームワーク」を使用してやれば簡単にできるものですが、深く作っていこうとするとだんだん難しくなっていくものです。
なんでもそうですが、Java言語に関してはこの言語の中だけでかなり深いところまでいけます。
母体がC言語なので。。。

スマホアプリを作成する

前回は、ハローワールドをAndroidでやりました
エミュレータを使用して起動したのでちょっと重いです。しかし、Android端末を持っているのであれば、そちらにインストールすることができるので重くありません。

前回作成したものは、AndroidStudioが作成(生成)してくれたので何もしていません。

ソースを見てみよう

前回作成したのは「MyFirstApp」と言うプロジェクトに作成(自動生成)されたアプリケーションです。

下のように、色々あって混乱しがちですが、まずは見るところがわかればオッケーです。
ズバリ、下のイメージにあるように「MainActivity.java」を見ます。

コードは下のようになっています。

public class MainActivity extends AppCompatActivity {

    @Override
    protected void onCreate(Bundle savedInstanceState) {
        super.onCreate(savedInstanceState);
        setContentView(R.layout.activity_main);
    }
}

まずは、このコードの他には目もくれず下の1行に着目してください。
setContentView(R.layout.activity_main);

そして、layout.activity_mainの部分をコピーして、AndroidStudioを開き、「Shift」を2回押して、プロジェクト内を検索します。

すると下のような画面が見れます。

この「activity_main.xml」を表示しているのです。ここにHello World」と書いてある部分があるので、見つけて見てください。

そして、「Hello World」を違う文言に修正して見ましょう。
例えば「Rock and Roll!」と表示させてみるのも良いのではないでしょうか?

まずは、はじめの2歩目というところでした。

でわでわ。。。