MicrobitでHttpリクエストを飛ばすためのメモ

作戦その1:ブロックからC++を呼び出す

イベントハンドラを使用する

下のブロックは

下のコードに変換されるらしい

// このメソッド(関数)がイベントに反応して起動する
void onButtonA(MicroBitEvent e)
{
    uBit.display.print("A");
}

int main()
{
    uBit.messageBus.listen(MICROBIT_ID_BUTTON_A, MICROBIT_BUTTON_EVT_CLICK, onButtonA);
}

ということは、ブロックで作成したものを取得できるかもしれない。。。

→ブロック言語からC++が作成されるのであれば。。。

作戦その2:「ラジオ」ブロックを使用する

ラジオブロックのCコードは、uBit.serial.sendのようだ。

ここのサイトでは、以下の項目に関して記載がある

  1. MicrobitでのWifi接続手順
  2. TCP/IPでのリクエスト送信方法

しかし、なんで温度の表示を行う記事ばかりあるのかね?

 作戦その3

マイクロビットからUSBシリアルポートでのデータ通信を行う。

Javaでシリアルデータを受けてHttpリクエストを行う。参考サイト

Microbitで遊ぶ〜シリアル通信をする〜