Python TensorFlow tutorial〜チュートリアルを進めるコツ、ワンポイント〜

自分がTensorFlowのチュートリアルを進めていく上で「こーすると楽だ」と思ったことです。

チュートリアルの中で必ずバージョン確認の処理を行うコードがあります。

import tensorflow as tf
from tensorflow.keras import layers

print(tf.VERSION)
print(tf.keras.__version__)

この部分を実行することで、必要なライブラリなどインポートできるか確認できます。コードを書いてからだとどこの部分がダメなのかでバックしないといけないので先に「ハローワールド」しておいた方があとが楽です。


コメントを残す