Java Basic CharとString 〜文字の操作〜

イントロダクション

データ型について、ちょっと触れましたが、1番使うであろう文字について記載します

Stringとchar

Javaで文字を扱うときに使用するデータ型として「char」「String」があります。

/** 
 * プリミティブ型データ一覧クラス(説明用)
 * @author takunoji
 */
public class PrimitiveSample {
   /** INTは整数で ±2147483647まで使用可能 */
   private int population;

   /** Doubleは小数点を使用する */
   private double footSize;

   /** Shortの年齢は ±32767まで使用可能 */
   private short age;

   /** BooleanはTRUEかFALSE */
   private boolean flg;

   /** Charは一文字 */
   private char ch;

   /** 1Byteは8Bit(2進数8桁)-> 01010101 = 85 */
   private byte byt = 0x7F; // 16進表現:10進数の127

   /** LongはINTよりも大きい整数 */
   private long lng;

   /** FloatはDoubleよりも大きい小数点 */
   private float flt;

   /** 
    * コンストラクタ:この処理を通るとインスタンスができる
    */
   public PrimitiveSample() {
     population = 100;
     footSize = 24.6;
     age = 100; // intはより大きな数値を使える
     flg = false;
     ch= 'A';
     byt = 0x7F;
     lng = 123456;
     flt = 12345.6;
   }
}

charはプリミティブ型と言うカテゴリに入ります。intと同じく「==」で比較できます。
Stringは参照型(これもカテゴリ)で比較メソッドを使用します。「==」での比較は想定通りに動きません。細かい理由は後々に…

使い方

初期化するときは下のようにやります。
char a = ‘a’; // シングルクォーテーション
String a = “a”; // ダブルクォーテーション

比較するときは、charは「==」を使用します。
Stringはメソッドを使用します。
String a = “a”;
a.equals(“a”); // trueが出力されます。

兎にも角にも、コードをみてみいないと
なんとも言えないのでこちらから
ダウンロードしてください。

サンプルコード

public static void main(String[] rags) {
   int i = 1;
   char c = ‘a’; // 一文字のみ
   String str = “文字列”;
   System.out.println(i == 1); // true
   System.out.println(c == ‘b’); // false
   System.out.println(“abc”.equals(str)); // true

   // 文字列操作
   // 「abc」の「b」のみ表示
   System.out.println(str.charAt(2));
   // 文字列の置換(123をZZZに置換)
   System.out.println("test123bbb".replace("123", "ZZZ"));
}

<問題>
・プログラム引数に「abc」「def」を渡してその引数を
以下のようにコンソールに出力してください
——————————————————
①引数1: abc
②引数2: def
——————————————————
・上記の表示を行なった後にchar型の値「G」と「E」を
①と②の最後の部分に追加して表示してください。
※String型の変数の後にchar型を連結できればOKです。
Eclipseの画面では下のような画面でプログラム引数を追加します。







カテゴリーJavaプログラム基礎

“Java Basic CharとString 〜文字の操作〜” への1件の返信

  1. ピンバック: URL

コメントを残す