Java Basic Level8 〜How to use for statement〜

イントロダクション

再度、復習の意味で以前記載したものを再度やります。
今回はfor文の使い方をやります。
お待ちかねのループ処理です。ロジックを楽しんでください。

Introduction

I will write again what how to use value of boolean. And Tihs time, Write about Application of If statement.
It is loop statement you like. enjoy create logic.

ロードマップ

  1. Booleanの扱い方
  2. If文の使い方
  3. If文の使い方〜応用編〜
  4. ループ処理〜For文〜今回
  5. ループ処理〜For文の応用〜
  6. ループ処理〜While文〜
  7. ループ処理〜While文の応用〜
  8. ループ処理〜Do While文〜
  9. ループ処理〜Do While文の応用〜
  10. 演算子の整理
  11. 演算子の応用
  12. まとめ

Road Map

  1. How to use Boolean
  2. How to use if statement
  3. Training of  if statement
  4. How to use for statement This time
  5. Training of for statement
  6. How to use while statement
  7. Training of while statement
  8. How to use do while statement
  9. Training of do while statement
  10. Summary of operator
  11. Training of operator
  12. Summary of all

For文の使い方

まずは、文法です。砕いて言うなら書き方です。以下の様に記述します。

for (「1.初期化」;「2.判定」; 「3.後処理」) {

繰り返す処理

}

// 1.「i」はカウンターです、iを0で初期化します。
// 2.「i < 3」がtrueになるならば繰り返します。
// 3.「2。」がtrueの場合に行う処理
for (int i = 0; i < 3; i++) {
   System.out.println("iの値は" + i + "です。");
}
「出力結果」
iの値は0です。
iの値は1です。
iの値は2です。

How to use for statement

First of all, we have to learn statement. other way. how to write for statement.

for (「1.initialize」;「2.handle next loop」; 「3.post processing」) {

loop logic

}

// 1.「i」 is counter. initialize "i"
// 2.「i < 3」 return true. go to next loop
// 3.「2.」 post processing
for (int i = 0; i < 3; i++) {
 System.out.println("i value is " + i );
}
「result」
i value is 0
i value is 1
i value is 2

サンプルコード(sample code)

public static void main(String[] args) {
  if (args.length == 0) {
      System.out.println("プログラム引数は設定されていません。");
      System.exit(0); // プログラムを正常終了する
  }
    // ループ文
  for (int i = 0; i < args.length; i++) {
      System.out.println("プログラム引数は" + args[i] + "です");
  }
}

プログラム引数の数だけループする処理です。コマンドプロンプトから起動するときは以下の様に入力します。

>java クラス名 引数1 引数2...

次は、ループ処理の練習を行います。

Next we will practice for statement.

でわでわ。。。

see you ...