Java Basic Swing〜オブジェクト指向〜

イントロダクション

java.swingパッケージを使用した。画面作成をやります。

このパッケージ(Swingフレームワーク)はクラス→画面コンポーネント(ラベルや、テキストフィールドなど)になるのでクラス・オブジェクトの扱いを理解するのに持ってこいです。

Introduction

I will create a view using “java.swing” package

This package(frame work) has  classes indicate to view components. I mean swing is good to study inheritance i think....

Swingについて

画面作成用のフレームワークで、どこに何のクラスを使用するか?が決まっています。

Swing is java frame work to make view. And defind components to use part of view.

詳細はドキュメント(英語)を見てください。

Watchch this. if you want to know sight.

https://docs.oracle.com/javase/tutorial/uiswing/components/index.html

 Swingの部品構成

画面を作る時は以下の順で画面コンポーネント(部品(ボタンなど))を置いていくイメージです。

Swing components based on “JFrame” or “JDialog” I think ... And put on components one.

<イメージ>

画面の1番下に土台を置きます。(JFrame, JDialo, JAppl

そして、土台の上にはボタンやラベルなどを置きます。これらの部品は土台になる部品とは親クラスが違います。※土台になる部品とボタンなどの部品は別物だと思ってくれればOK

実際の実装は今後やります。

I will write a ample code next blog...

サンプル(sample)

// フレーム(土台)
JFrame frame = new JFrame(“土台”);

// 部品を乗せるスペース
Container con = frame.getContentPain();


関連ページ一覧

<インターフェース>

Java Basic インターフェース・抽象クラスの作り方

<クラス>

Java Basic クラスとは〜Step2_1〜

<サイトマップ>

Mapping of Java Bassic etc …~Java Basicなど記事一覧~

One Reply to “Java Basic Swing〜オブジェクト指向〜”

  1. ピンバック: URL

コメントを残す