WordPress プラグイン作成〜DBを使用する〜

今回はWordPressプラグイン作成でDBを使用する場合の記事を記載します。

DBは何に使う?

はっきり言って、何にでも使用できます。例として以下のようなものが挙げられます。

  1. ユーザー管理、ログインを使用してユーザー専用ページ、機能などの実装に使用します。
  2. データの集計、今回作成しようとしている「アンケートプラグイン」でも使用します。クリックした時に対象になるデータをDBに登録、登録した情報を元にアンケートの集計を行います。
    3, WordPressのようなCMSの投稿記事の管理(表示)
  3. 独自調査のまとめなど。。。

挙げればきりがないので、ここら辺にしておきますが。こんな感じで使用できます。

プラグインで使用するには?

一応、プラグインの作成に関しては以下の記事を参照してください。
・ローカルサーバーを立てる
・ダッシュボードにプラグイン画面を追加する
・プラグインでダッシュボードにメニューを追加する
・プラグインでダッシュボードにメニューを追加する2
・プラグインでダッシュボードにメニューを追加する3

そして、DBの使用方法に関して設計をします。
最近発見したのですが、このファイルがなかなか設計しやすいと思いご紹介いたします。

上のようなものですが、子供用だと思って甘くみてはいけません。
作るものを考える時に初めに「結論(結果)」をイメージすると思いますが、以下のような手順で使用すれば、大人も十二分に使用できるツールだと思います。

  1. 「結論」を真ん中の酢ページに記載します。
  2. 「結論」のものを作成するのに必要な部品を両サイドに書き出します。当然線を引っ張るなどの手間を加えてやれば、それだけ直感的に理解できるものになると思います。
  3. そして、作業手順を適当な形で記載してやります。書き方はものによるのでなんとも言えません。。。

しかし、このような形でかかれた設計図は「直感的」で「シンプル」なものになるのでユースケースとしても使用することができると思います。

プラグインへのDB作成

今回は、わかりやすい方法で、自分がそのように使用するのですが。。。

プラグインを有効にした時に作成

上記のように、プラグインを有効にした時に必要になるDBを作成するようにしようと思います。
懸念点としては、プラグインを有効にした時に「毎回テーブル(DB)が作成されると困る」というところです。。。

とりあえずは、テーブルの設計をします。
使用したいデータを列挙します。例えばログイン機能であれば、ID、ユーザー名、パスワード。。。などです。今回は使用しませんが、「パスワード」はDBのデータが盗まれたりすると大変危険(情報漏洩)なのでパスワードの登録は暗号化を使用します。

テーブルの作成方法

そして、設計ができたら「プラグインを有効にした時に作成する」プログラムを作ります。
先ほど懸念していた「毎回テーブルが作成されるのでは?」という部分も解決できます。

SQLを使用する

DBサーバーの名前にもある通り「SQL」を使用してテーブルを作成します。
SQLはDB操作に使用するプログラミング言語です。有名なものとしてはMySQLもそうでるがORACLEもあります。

ますはテーブル作成

テーブルを作成するのには「Create Table文」を使用します。今回はWordPressを使用しているのでMySQLのドキュメントをリンクに貼り付けています。
書き方は決まっていて下のように書きます。ちなみにコメントは「#」と「--」が使用できるようです。

CREATE TABLE 
pet  -- 作成するテーブル名
(name VARCHAR(20), -- "name"というカラム名
owner VARCHAR(20), -- "owner"は20文字分
species VARCHAR(20),
sex CHAR(1),  -- 性別は一文字
birth DATE,  -- 誕生日は日付型のデータ
death DATE);

上のような文でテーブルを作成することができます。
そして、懸念点の解決方法としては以下のようにCreate Table文に「if not exists」をつけてやれば解決です。
MySQLのCreate Table文の文法
create table 自作テーブル if not exists
自分の作成したSQL(Create Table文)は下のようになりました。

create table if not exists questionary(
    question_id int not null PRIMARY KEY AUTO_INCREMENT,
    question varchar(60),
    answers varchar(60),
    hrml_class varchar(15),
    html_style varchar(15),
    click_count bigint);


これはローカルのDBサーバーに作成したので公開されていません。

ポイント

テーブルのキーになるカラム(question_id)はプライマリキーなのでこのテーブルでは必ず一意(テーブルの中では1つしか存在しない)なのでquestion_id=1というのは必ず1つになります。

そして、「AUTO_INCREMENT」をつけているのでデータが登録された時にバックエンドプログラムがquestion_idの値を追加してくれるというわけです。

まとめ

今回はアンケートプラグインで使用するDB(テーブル)を作成しました。使用したプログラミング言語は(SQL)というものです。
SQLはDB操作のためにいろんなことができます。メールの送信などもできます。
そんなわけでSQLが使えると色々と便利です。

でわでわ。。。


関連ページ

  1. WordPress プラグイン作成〜DBを使用する〜
  2. PHP PDO 〜MySQLにアクセスする〜
  3. PHP Ajax 〜DBに登録したデータを受信する〜
  4. Google Maps API PHP連携 〜マップ情報をDBに登録する〜
  5. PHP Image File 〜iPhoneやAndroidでの画像送受信の問題〜
  6. AngularJS Routing 〜PHPをWeb APIにする〜
  7. WordPress PHPカスタム〜根本的に見た目を変える〜
  8. WordPress PHPカスタム〜根本的に見た目を変える2〜
  9. Eclipse PHPプラグイン 〜ElipseでWordPress環境を構築〜
  10. WordPress テスト実装 〜heade-test.phpを表示〜
  11. AngularJS + PHP 〜WordPressと連携する〜
  12. AngularJS + PHP 〜AngularJSの実装〜
  13. AngularJS + PHP 〜AngularJSの実装2〜
  14. WordPress 処理解析 ~index.phpを眺める~
  15. WordPress Plugin NewStatPress ~アクセス解析プラグインAPIを使う~
  16. WordPress 処理解析 ~ログイン処理を調べる~
  17. WordPressカスタム〜アンケートボタンを追加する(設計)〜
  18. WordPressカスタム〜プラグインの作成〜
  19. WordPressカスタム〜ダッシュボードのプラグイン画面作成〜
  20. WordPressカスタム〜ダッシュボードのプラグイン画面作成2〜
  21. WordPressカスタム〜ダッシュボードのプラグイン画面作成3〜
  22. WordPress プラグイン作成〜アンケート作成プラグインを作る〜