Java Basic Level 6 〜Traning of If statement〜

イントロダクション

再度、復習の意味で以前記載したものを再度やります。
今回はIf文の使い方〜応用〜をやります。
だんだんとやることが複雑になってきます。ロジックを楽しんでください。

Introduction

I will write again what how to use value of boolean. And Tihs time, Write about Application of If statement.
It will guradually become more. enjoy create logic.

ロードマップ

  1. Booleanの扱い方
  2. If文の使い方
  3. If文の使い方〜応用編〜 今回
  4. ループ処理〜For文〜
  5. ループ処理〜For文の応用〜
  6. ループ処理〜While文〜
  7. ループ処理〜While文の応用〜
  8. ループ処理〜Do While文〜
  9. ループ処理〜Do While文の応用〜
  10. 演算子の整理
  11. 演算子の応用
  12. まとめ

Road Map

  1. How to use Boolean
  2. How to use if statement
  3. Training of  if statement This time
  4. How to use loop statement 〜While〜
  5. Training of Loop〜While〜
  6. How to use loop statement 〜While〜
  7. Training of Loop〜While〜
  8. How to use loop statement 〜Do While〜
  9. Training of Loop〜Do While〜
  10. Summary of operator
  11. Training of operator
  12. Summary

If文の使い方〜応用〜

前回は、単純なIf文、条件が1つでTrue or Flaseの判定を行いました。

今回は「If文の応用」と称してBooleanの扱い方の応用編をやろうと思います。

Application of If statement

we tried basic If statement. next it Called Application of If statement. that is application of how to use boolean

Booleanの演算方法あれこれ

今までの、論理演算=>「1 == 1」とか「"aaa".equals("aaa")」のようなシンプルなものでした。今度は実際に使用できるようにちょっと複雑にした論理演算を行いたいと思います。

public static void main(String[] args) {
   boolean flg = false;
   if ("test".equals(args[0])) {
      flg = true;
   }
   // 条件演算子(三項演算子)
   int val = flg ? 1 : 0;
   if (val == 1) {
     System.out.println("プログラム引数はtestです");
   } else {
     System.out.println("プログラム引数はtestではありません");
   }
}

boolean「flg」をfalseで初期化します。
プログラム引数が「test」の場合、flgをtrueに変更します。
そして、ここがキモになります。
flgがtureであれば「1」、falseであれば「0」を変数valに設定します。

あとは、もんだなく読めると思います。
読めなかったら、一個前のブログに戻って見てください(まとめを覗きます)

<問題>
2つのプログラム引数に数字を渡して、2つの値を足し算した結果をコンソールに出力するプログラムを作成してください。

Some way of using Boolean

we tried simple way of using boolean. like (1 == 1) and ("aaa".equals("aaa"))

 

コメントを残す