MAMP 起動設定 〜WordPressのテスト環境を作る〜

MAMP(HttpServer)を使用して自分のPC上にWordPressのテスト環境を作成します。

WordPressのダウンロード

こちらのサイトからダウンロードできます。(WPのサイト、英語です)

MAMPのインストール

これに関しては前回やったのでその記事を参照してください。
そして、ダウンロードやドキュメント関連はこちらのサイトにありました。

セットアップに関してはこちらのサイトを和訳して見ました。

MAMP起動

インストールした後に、MAMPを起動します。MACなのでAppフォルダにあるMAMPを起動するためには、そのアプリのフォルダを開くと下のようになっていますので。

MAMPを起動します。他のサイトにあるように起動した画面に「設定」があれば良いのですが、今回ダウンロードしたアプリにはありませんでした。
なのでちょいと探しましたら、下のような場所にありました。

ドキュメントルート

HTTPサーバーを起動した後に、HTMLを配置したりしてアクセスがあったときに表示できるようにしますが、どこに配置するのか?
この答えは「ドキュメントルート」に配置します。
具体的には「ドメイン」と呼ばれる部分を抜かした「/」に当たるディレクトリがドキュメントルートになります。
例:ここのサイト場合
ドメイン:zenryokuservice.com
ドキュメントルート:zenryokuservice.com/
初期表示画面(未実装です。。。)zenryokuservice.com/index.html

こんな感じです。そして、アプリの設定は

真ん中にある「Document Root」の「Select」部分をクリックします。

そして、初めにダウンロードしたWordPressを解凍しておきそのフォルダをドキュメントルートに指定します。

サーバーを起動して見た結果下のように表示されました。

これは、ドキュメントルートにwordpressのフォルダ「wp」を配置しているためです。引き続きwpフォルダを開くと下のような画面が見れるのでそのままWordPressの設定を行なっていきます。

設定の途中で下のような画面がありますが。これはphpInfoを見ると細かい部分が見れます。

phpInfo

特にDB名の確認にはphpAdminを見ます。(参考サイトより)
読んで見たところ、自分で決めて良いみたいです。
とりあえず、DBの名前は上にあるように「mysql」で設定します。
そして、ユーザー名はphpAdminにあるrootを指定しました。実行結果

引き続き入力を行い、インストール完了

今回はここまでにしておきます。

ちなみに、投稿記事のインポート時につまづいたので、その時の対象に関して記載しました

でわでわ。。。