Java はじめて2 〜メソッドを呼び出す〜

今回は「メソッド」についてやります。前回やった「メインメソッド」との違い、作り方などについて記載します。

Javaでのはじめのプログラム「ハローワールド」を実装しました。これは、クラスを作り、メインメソッドを作り、起動する。という順序で作業を行いました。下のものはターミナル(コマンド実行でやったものです。)

メソッドを実装する

まずは、前回作成したコードを見て見ます。
「MainMethodTest」クラスに「メインメソッド」を実装しています。

/** 
 * メインメソッドテストクラス
 */
public class MainMethodTest {
   /** メインメソッド */
   public static void main(String[] args) {
      System.out.println("Hello World");
   }

}

上の、「/*」〜「/」で囲まれている部分のことをJavaDocと呼び、クラスやメソッドの説明コメントとして記述する場所です。
このJavaDocはちゃんと記載するとHTMLドキュメントとして、使うことができるので綺麗に、見えるように記載することをお勧めします。
しかし、今回は、説明が増えてしまうので、ダメなJavaDocを記載しています。

実際にやってみた動画です。

コマンドの話

今回、前回もですが、コマンドからJavaを起動するのに多少のコマンドに対する知識→使い方を知っておくと便利なので記載しておきます。
コマンドというのは、Macであればターミナル、Windowsであればコマンドプロンプトを使用して実行することです。下のような画面です(Macの場合)

カレントディレクトリ:コマンドプロンプトやターミナルを開いたとき、表示されているディレクトリコマンド「pwd(MacやLinuxで使用できます。)」ちなみにウィンドウズの場合は初めからカレントディレクトリが表示されています。コマンドの左側に「C:¥Document¥XXXX」のように書いてあるのがそれです。開いたときに現在いるフォルダを示します。
試しに「open」コマンドを叩く(入力してエンターキー押下)するとフォルダが表示されるので試しにどうぞ。
<そのほか>

MacやLinux
lsコマンド→カレントディレクトリのファイル一覧
cdコマンド →ディレクトリの移動
Windows
dirコマンド→カレントディレクトリのファイル一覧
cdコマンド→ディレクトリの移動

があります。

メソッドの実装

前回作成したのはメインメソッドでした、今回は通常のメソッドを実装します。
メインメソッドは、どんな時でも「必ず1つで、必ず起動する」ものでしたが、今回の通常のメソッドは「似たようなものがたくさんあって必ずしも起動しなくても良い」ものになります。まぁ「不要なものは作成しない」の基本ですが。。。例外としてそのようなこともあり、「実装上でのビルドエラーもありませんよ」ということです。

百聞は一見にしかず

早速コードを見て見ましょう。土台にするのは前回のコードです。変更するのは「1+1」の表示を加えて見るところです。

/** 
 * メインメソッドテストクラス
 */
public class MainMethodTest {
   /** メインメソッド */
   public static void main(String[] args) {
      System.out.println("Hello World");
      outCaluclation();
   }

   /** 1 + 1の計算結果をコンソールに出力 */
   public void outCaluclation() {
       System.out.println("1 + 1 = " + (1 + 1));
   }
}

上記のコードで、メインメソッドはpublic static void main(String[] args) {XXX}と始まる部分で、
その下にあるpublic void outCalculation() { XXX}と実装している部分が通常のメソッドになります。

処理内容について

メインメソッドの中で行なっている処理は下のようになります。1行ずつ理解していくのがポイントです。

1: public class MainMethodTest { // このクラスは「MainMethodTest」という名前のクラスですよ。という意味
2: public static void main(String[] args) { // メインメソッド、固定でどんな環境でもJavaのメインメソッドはこのように書きます。一言一句違う時は別のメソッドとしてJVMに認識されます。
3: System.out.println("Hello World"); // 標準出力に"Hello World"という文字列を表示します。
4: outCaluclation(); // 下の方に定義している「outCaluclation();」メソッドを呼び出します。
5: public void outCaluclation() { // outCaluclationメソッドの宣言(定義)、返却値なし、引数なしのメソッドを定義します。
6: Systme.out.pintln("1 + 1 = " + (1 + 1)); // outCaluclation()メソッドの処理を記述します。文字列「1 + 1 = 」を作成、1 + 1の計算結果を左の文字列に連結しコンソールに出力

コメントが、長ったらしくなりましたが。以上のような内容で処理を行なっています。

引数

ここで、ちょっときになる部分があります。
System.out.println("Hello World");"Hello World"は一体なんなのか?というところです。実際にプログラムをいじって見ると、ここの部分は変更してやると表示内容が変わります。サンプルとして下の動画を作成しました。

ついでに、プログラム引数を使用してみた動画も作りました。

今回はここら辺で。

でわでわ。。。

関連ページ

  1. Java Basic Level 1 〜Hello Java〜
  2. Java Basic Level2 〜Arithmetic Calculate〜
  3. Java Basic Level3 〜About String class〜
  4. Java Basic Summary from Level1 to 5
  5. Java クラスの書き方〜ワンポイントレッスン的な〜