開発環境構築~Windows版Eclipseの設定~

Index

Install Eclipse

MergeDocからダウンロードします。

最新版のものを選択します。すると下のようにダウンロードするEclipseを選択できる部分が見つけられるので、迷ったら「Standerd Edition」を選択しましょう。細かいプラグインなどはいつでもインストールできます。※これでも結構なプラグインが入っていました。

そして、ダウンロードが始まらない場合は、リンクの部分をクリックします。

今回は、「20200702.zip」というファイルをダウンロードしました。
ダウンロードしたら、Cドライブ直下(C:)に解凍します。パスが長くなってEclipseが動かなくなる可能性があるためです。

ちなみに、自分の場合ZIPファイルの解凍ができなくてつまずきました。
7ZIPをインストールして実行したらうまくいきました。ちなみに回答したのは。「D:\」です。なので解凍後は「D:\pleiades」となりました。

Eclipseを動かす

試しに、eclipse.exeを起動してみてください。うまく動けばそれでよし。もし動かない場合はエラーメッセージが出るのでそれをちょっと眺めます。

早話が、「JDK(JRE)がないですよ!」というエラーです。JDKをダウンロードしてください。
解凍したフォルダにある「eclipse.ini」を開きバーチャルマシン=JDKを設定します。(追記してください。)

ちなみにエラーログの場所は以下になります。
WORKSPACE_HOME/.metadata/.log
自分の環境だと以下になります。

D:\pleiades\workspace.metadata.log

-vm
JAVA_HOME¥bin¥javaw.exe

JDKがない場合は

  1. OracleのHPからダウンロードできます。※この場合はOracleのユーザー登録が必要です。

  2. OpenJDKを開いてほしいバージョン番号(widows 64bit jdk8)を選択します。

  3. eclipse.iniの設定を行う。

    • 使用するJVM(JDK)を指定します。

      -vm
      D:/Apps/jdk1.8.0_265/bin/javaw.exe
    • 使用するメモリの指定を行います。

      -vmargs
      -Xms512m # メモリの最小値
      -Xmx1024m # メモリの最大値

      最終的に以下のようになりました。

-vm
D:/Apps/jdk1.8.0_265/bin/javaw.exe
-product
org.eclipse.epp.package.jee.product
--launcher.defaultAction
openFile
--launcher.appendVmargs
-vmargs
-Xms512m
-Xmx1024m
-Dosgi.requiredJavaVersion=1.8
-XX:+UseG1GC
-XX:+UseStringDeduplication
--add-modules=ALL-SYSTEM
-Dosgi.dataAreaRequiresExplicitInit=true
-Xverify:none
-javaagent:dropins/MergeDoc/eclipse/plugins/jp.sourceforge.mergedoc.pleiades/pleiades.jar
-javaagent:lombok.jar

しかし、これで終わりではありませんでした。JDKが32bit版だったようで下のようなエラーが出ました。

なので、再度64ビット版をダウンロードしました。amazonのページでした。

これで自分のところではEclipseの起動ができました。

Setting Eclipse

Eclipseの設定を行います。
初めにEclipseを起動するとワークスペースの場所を聞かれます。
特に気にしないのであれば、そのままの値でワークスペースを作成して問題ありません。

そして、起動すると下のような画面が見れます。

不要なプラグインの削除

ヘッダーメニューから。。。
Help(ヘルプ) -> Market Place(マーケットプレイス)を開く
すると下のように、追加するプラグインを検索する画面が見れます。
MarketPlace

そして、インストール済みのタブを選択します。
InstalledPlugin

引き続き、不要なプラグインを選択
noNeedPlugin

変更と表示されているプルダウンからアンインストールを選択し不要なプラグインを削除します。

更新(プラグインのアンインストール)を適用するのにEclipseの再起動を行います。

プロジェクトの作成From Github

Githubにあるリポジトリからプロジェクトを作成します。
まずは、Githubにて、プロジェクト用リポジトリを作成します。
gitRepo1

そして、Codeとある部分をクリックすると下のようにダイアログが出ます。
dialog1
ここからURLをコピーします。

今度はEclipseに戻り、プロジェクトのインポートを選択します。
pachageExp

すると、下のようなダイアログが開くので、Gitからプロジェクト(スマートインポートでもどちらでもよいが今回はスマートインポートを選択しました。)
gitImport1

次は、クローンを選択します。
gitImport2

そして、先ほどコピーしたGihubのリポジトリURLを貼り付け,
Githubのユーザーとパスワードを入力します。
clone1

「セキュアストアに保管」にチェックを入れると毎回入力しなくてよいです。

そして、間違いがなければ下のように対象になるブランチが表示されますので、次へ進みます。
clone2

クローンする場所(ローカルリポジトリ)は下のような場所に設定しました。サブモジュールのクローンにチェックを入れ忘れないようにしてください。 ※今回は、サブモジュールがないので関係ありませんが。。。
clone3

クローンの完了です。
clone4
workspace2

Javaのソース配置

ここまで来たらJavaコードを書きたいのですが、パッケージなどの配置先をどのようにするか?を決めないといけません。
とりあえず、プロジェクトがJavaプロジェクトになっていないのでMavenプロジェクトに変更し、パッケージ構成を作成します。

  1. プロジェクトを右クリック
    構成 > Mavenプロジェクトへ変換

  2. 「src/main/java」と「src/test/java」というフォルダができるのでそれぞれ、メインの実装、テストクラスの実装用に使用する
    maven1

  3. パッケージを作成し、その配下にJavaソースを作成、とりあえずはHello Worldを実行して問題なくJavaを起動できることを確認
    ResultHelloWorld

JavaFX

JavaFXを使用してGUIアプリを作成したいと思ったときにjfxrt.jarがビルドパスに含まれてない場合があるようです。自分の場合は下のように解決しました。
「プロジェクトを右クリック⇒プロパティ⇒Javaのビルドパス」を開きます。
次に、「外部JARの追加をクリックして下のようにjfxrt.jarをビルドパスに追加します。

Jfxrt.jar

これで、動けばよいのですが最近ではJavaFXに関してGluonがメインで配布しているようで。。。

Setting Junit

JUNITの設定を行います、単純にjunit.jarをビルドパスにつなげるだけです。
しかし、ライブラリがあるのでそれを設定するほうが楽です。

  1. プロジェクトを右クリック -> プロパティ、もしくはAlt + Enterでプロジェクトの設定を開きます。
    projectProperty

  2. ライブラリの追加をクリック
    elipseAddLibrary

  3. JUnitを選択(選択後の画像です)
    elipseJunit5

  4. JUnit追加後
    eclipseAfterJunit
    プロジェクトにJUnitが追加されています。
    eclipseAfterJunit2

カバレッジを使用する

JUnitでテストを実行した後に、テストケースが網羅できているかの確認をしたいときに使えます。
今回のセットアップでは、すでにカバレッジ(プラグイン)が入っていたので、実行手順を示します。

ちなみに、プラグインの追加方法は以下

Junitでカバレッジを取得する
1.まずはeclipseを起動し、「ヘルプ」→「Eclipseマーケットプレース」を選択します。
2.Eclipseマーケットプレースのウィンドウが開くので、検索欄にEclEmmaと入力し、「Go」ボタンを押下してください。
検索結果にEclEmmaが表示されるので、「インストール」ボタンを押下してインストールします。

カバレッジ起動方法
  1. テストクラスを右クリック
    coverage

  2. JUnitテストを(実行)

実行構成は下の「カバレッジの構成」を選択します。
coverageConf


関連ページ一覧

Eclipse セットアップ(Mac版)

  1. Java Install Eclipse〜開発ツールのインストール〜
  2. TensorFlow C++環境〜EclipseCDTをインストール〜
  3. Setup OpenGL with JavaJOGLを使う準備 for Eclipse
  4. Eclipse Meven 開発手順〜プロジェクトの作成〜
  5. Java OpenCV 環境セットアップ(on Mac)
  6. Eclipse SceneBuilderを追加する
  7. JavaFX SceneBuilder EclipseSceneBuilder連携~

Java Basic一覧

  1. Java Basic Level 1 〜Hello Java〜
  2. Java Basic Level2 〜Arithmetic Calculate〜
  3. Java Basic Level3 〜About String class〜
  4. Java Basic Level 4〜Boolean〜
  5. Java Basic Level 5〜If Statement〜
  6. Java Basic Summary from Level1 to 5
  7. Java Basic Level 6 〜Traning of If statement〜
  8. Java Basic Level8 〜How to use for statement〜
  9. Java Basic Level 8.5 〜Array〜
  10. Java Basic Level 9〜Training of for statement〜
  11. Java Basic Level 10 〜While statement 〜
  12. Java Basic Swing〜オブジェクト指向〜
  13. Java Basic Swing Level 2〜オブジェクト指向2〜
  14. サンプル実装〜コンソールゲーム〜
  15. Java Basic インターフェース・抽象クラスの作り方
  16. Java Basic クラスとは〜Step2_1〜
  17. Java Basic JUnit 〜テストスイートの作り方〜

Git関連

  1. Java Git clone in Eclipse 〜サンプルの取得〜
  2. Eclipse Gitリポジトリの取得 GitからソースをPullしよう〜
  3. IntelliJ IDEA GitGitリポジトリからクローン〜

JavaFX関連ページ

  1. Eclipse SceneBuilderを追加する
  2. JavaFX SceneBuilder 〜EclipseとSceneBuilder連携~
  3. JavaFX SceneBuilder〜ボタンにメソッドを割り当てるワンポイント〜
  4. Java プロコンゲーム 〜見た目の作成(SceneBuilderの使用)〜

ステップアップ関連ページ一覧

  1. Java 初めてでも大丈夫〜ステップアッププログラミングのススメ〜
  2. ステップアッププログラミング〜Java FxでHelloWorld解説〜
  3. Java StepUpPrograming〜JavaFX で四則計算〜
  4. Java StepUpPrograming〜JavaFXで画面切り替えを作る1〜
  5. Java StepUpPrograming〜JavaFXで画面切り替え2ボタン作成〜
  6. Java StepUpPrograming〜JavaFXで画面切り替え3アクション〜
  7. Java StepUpPrograming〜JavaFXで画面切り替え4Pane切り替え〜
  8. Java StepUpPrograming〜JavaFXで画面切り替え5WebEngine

JavaFX + ND4Jで機械学習準備

  1. JavaFX + ND4J〜数学への挑戦1:ND4Jのインストール〜
  2. JavaFX + ND4J〜数学への挑戦2: 行列の計算〜
  3. Java + ND4J 〜数学への挑戦3: ベクトル(配列)の作成方法〜

オブジェクト指向関連ページ

  1. [オブジェクト指向の概念1〜OracleDocのチュートリアル1〜](https://zenryokuservice.com/wp/2019/10/301. /%e3%82%aa%e3%83%96%e3%82%b8%e3%82%a7%e3%82%af%e3%83%88%e6%8c%87%e5%90%91%e3%81%ae%e6%a6%82%e5%bf%b5-%e3%80%9coracledoc%e3%81%ae%e3%83%81%e3%83%a5%e3%83%bc%e3%83%88%e3%83%aa%e3%82%a2%e3%83%ab%ef%bc%91/)
  2. オブジェクト指向の概念2〜クラスとは〜