Java 四則演算 演算子 〜Step1-2: arithmetic calculation〜



イントロダクション

Javaによる、足し算〜割り算のやり方をまとめました。基本的なコードの記述方法はJava Hello World はじめのプログラム 〜 Step1-1〜を参照してください。

変数の使い方

データ型 変数名;

// int型の変数「num」を宣言。
int num;

データ型 変数名 = 値(数値、文字列、クラスなどデータ型による)

// int型の変数「num」を「1」で初期化。
int num = 1;

四則演算の方法

1.「+」足し算

//「num」に2が入る
int num = 1 + 1;

2.「-」引き算

//「hiki」に1が入る
int hiki = 2 - 1;

3.「*」掛け算

// 「kake」に1が入る
int kake = 1 * 1;

4.「/」割り算

// 「wari」に2が入る
int wari = 4 / 2;

その他の演算(計算に使用)

5.「++」インクリメント

// 変数「num」に2が入る
int i = 1;

int num = i++;

6.「–」デクリメント

// 変数「hiki」に0が入る
int i = 1;

int hiki = i--;

「%」剰余: 割った時のあまり

// 変数「amari」に1が入る
int amari = 5 % 2

→5 / 2 = 2 余り 1

<サンプルコード>: ダウンロードできます。

// 変数宣言の例→早い話が初期化は値を入れるが宣言は値を入れない

int num1;

// 変数に値0をセット、以前の値は削除される

num1 = 0;
/*
 * 
 * 変数の初期化

 * 変数の宣言時に、値を代入する

 * 変数 = 値(代入)

 */
public static void main(String[] args) {
 int num1 = 1;

 int num2 = 10;

 // 1.足し算

 num1 = num1 + num2 + 2;
 
// 2.引き算
 
num1 = num1 - num2;

 // 3.掛け算

 num1 = num1 * 3;
 
// 4.割り算

 num1 = num1 / 2;
 
// 計算結果を表示
 
System.out.println("計算結果" + num1);
}
/** メインメソッド*/

public static void main(String[] args) {

   int hidari = 0;

   int migi = 1;

   int answer = (hidari++) + migi;
   // 計算結果が少数になる可能性があるので「double型を使用する)
   
double ans1 = answer / 2;

   int amari = 3 / 2;

}

[ 問題1 ]
mondai1メソッドを作成し、コンソールに以下を出力してください。
出力内容
————————–
「2 + 2 は 4です」
————————–

[ 問題2 ]
mondai2メソッドを作成して、コンソールに以下を出力してください。
————————–
「10 % 3 は 1です」
————————–

ヒント

初めに動かすために作るものは

  1. クラス
  2. メインメソッド

コンソール出力するのに使うメソッドはなんでしたか?計算結果を出力するコードがこの記事内にあります。

よくわからない時は、とりあえず動かしてみましょう。

関連ページ一覧

Eclipse セットアップ

  1. Java Install Eclipse〜開発ツールのインストール〜
  2. TensorFlow C++環境〜EclipseCDTをインストール〜
  3. Setup OpenGL with JavaJOGLを使う準備 for Eclipse
  4. Eclipse Meven 開発手順〜プロジェクトの作成〜
  5. Java OpenCV 環境セットアップ(on Mac)
  6. Eclipse SceneBuilderを追加する
  7. JavaFX SceneBuilder EclipseSceneBuilder連携~

Git

  1. Java Git clone in Eclipse 〜サンプルの取得〜
  2. Eclipse Gitリポジトリの取得 GitからソースをPullしよう〜
  3. IntelliJ IDEA GitGitリポジトリからクローン〜

コメントを残す